• ホーム
  • 注文住宅で見積もりが予算オーバーしてしまったときに削るトコロ

注文住宅で見積もりが予算オーバーしてしまったときに削るトコロ

マンション

注文住宅は自由設計が一般的なので、間取りを考えていくうちに面積が大きくなりがちです。その結果、見積もりにおいて予算をオーバーしてしまうことも珍しくありません。このようにオーバーしてしまう要素としては、外構や設備機器があります。これらは間取りの後で考えるので、つい忘れがちになってしまうからです。ハウスメーカーの担当者に、はじめのうちに出せる限度額を知らせておくのも予算オーバーを防ぐ方法の一つとなります。

注文住宅の予算オーバーを防ぐには、価格の算出方法を知っておく必要があります。注文住宅の価格は坪単価によって初めから決まっているものではありません。建築工事には多くの業者やメーカーが関わっていて、ハウスメーカーはそれらの業者に工事を依頼する必要があるのです。そのため、工事金額は実際に工事を請け負う業者の見積金額の総計となるのです。総工事費がわかるのは全ての下請け業者から見積もりが上がった後になります。建築工事の費用は積み上げ方式により決められていると言って良いでしょう。

すなわち、注文住宅の価格は設計が終了し、下請け業者から見積もりが上がった後でなければ判明しません。価格の判明が着工予定日の直前になるのも珍しくないのです。外構や設備機器などは見積もりの最後に加算されるので、予算オーバーの原因となったりします。さらに、工事費は床面積が大きくなると上昇するのが原則です。床面積が大きくなることで材料が余分に必要となり、価格は上昇します。注文住宅で予算オーバーを防ぐには、床面積を大きくしすぎないことが対策の要となるのです。

もし、最終的に予算オーバーがわかった場合は、その解決を図らなければなりません。価格が確定して契約を済ませていなければ、工事に入ることはできないのです。最終的に予算オーバーした場合は値引きの余地があるかどうかを探ってみる必要もあります。事前にハウスメーカーに何らかの貸しをつくっておけば、この時に値引きの対象としてくれる場合があるのです。

予算オーバーした場合は、最終的に面積を減らすことで解消できますが、手間と時間がかかってしまいます。それ以外に予算を下げる方法としては、仕上げの仕様を落とすことや設備や外構を後回しにすることなどが考えられます。自然素材や瓦葺きなどの高価な材料を設計で用いている場合は、それらを普通に変更することで、価格を下げることができます。外構は必ずしも本工事である必要はなく、後に工事することも可能なのです。

関連記事
折角の注文住宅が図面と違う!ハウスメーカーに値引き交渉はできる? 2019年10月17日

注文住宅は完成するまでに様々なトラブルに見舞われることもあります。完成したものが図面と違うなどのことが起こってしまうこともあるのです。ある段階で間違いが見つかった場合は、依頼したハウスメーカーの担当者に手直しを要求し、間違いの無いようにしなければなりません。間違いを手直しすることはハウスメーカーのサ...

私の打ち合わせ回数多すぎ?注文住宅の打ち合わせ、平均はどのくらい? 2019年11月22日

注文住宅では依頼先の担当者と打ち合わせをする必要があります。依頼先を決めてから工事の着工前までの平均期間は数か月ですが、個人差により期間は統一されたものではありません。担当者との打ち合わせでは要望事項を箇条書きにして優先順位をつけ、漏れの無い要望をすることが大切です。担当者とは納得するまで話し合う姿...

注文住宅を作るなら、メンテナンス費用のことも考えて投資しよう 2019年11月05日

注文住宅は工事が完成すれば終わりではなく、長く使い続けるものです。建築後10年を超えて使い続けると、屋根の表面や外壁のサイディングに傷みが出てくることもあります。水回りや設備機器にも故障が目立つようになるかもしれません。保証期間が過ぎた後の補修工事は自ら費用を負担する必要があります。メンテナンス費用...

注文住宅で忘れがち!後悔しないための間取りで意識するポイント 2019年09月28日

注文住宅を建てるときは様々なことを決めなければなりません。検討しなければならない範囲は大きく、全てを網羅できなくて後悔してしまうこともあるのです。打ち合わせは間取りのことが中心となるので、部屋の明るさや寒さと暑さのことや収納・配線・音などは忘れがちになることもやむをえません。間取りは注文住宅に必要な...

人生最大の買い物!注文住宅を住宅ローンで買う際の流れ 2019年08月30日

注文住宅を買う場合は住宅ローンを利用するのが一般的です。そのためには金融機関等の仮審査を受け、いつからか借りることができるかをはっきりさせることが大切となります。土地先行融資やつなぎ融資も必要に応じて利用するなど、選択肢を増やしておくことも必要です。どの金融機関を選ぶかは金利やその他の条件を比較して...